転職時代

 会社人生の中で、 一度でも転職を考えた事のある方は多いのではないでしょうか。現にいまの時代2人に1人が転職する大転職時代が到来しているといわれています。

 

 転職者の主な理由が、年収を上げたい、海外で働きたい、転職によってキャリアアップを目指したい、その様な理由が大半を占めています。

 

 特にこれからの時代、年功序列や終身雇用といったものは崩壊しつつあります。そんな時代だからこそ、自分のキャリアを磨くべく転職を行う事は決して悪い事だとは思いません。

 

転職したから給与UPとは限らない

 転職する際に注意したい事は、当然の事ながら給与だけで決めてしまうのは避ける事です。確かに理由の一つとして検討するのは良いのですが、給与目当てですと長続きしないです。ましてや転職=給与が上がる、といった事は少ないです。余程、現在の収入が低すぎない限り、大幅な増加は見込めないです。

 

 それよりも、この企業で自分が何ができるのかという事明確にする事が大切です。やはり採用する側も、企業に何らかの利益をもたらしてくれる人材でなければ採用する意味がありません。転職の成功は採用されて成功ではなく、成果を出して成功だと思います。ですので客観的に自分を見る事も大切になってきます。

 

まとめ

 これは案外簡単なようで非常に難しいです。転職を行う際には、転職エージェントの利用もおすすめです。こちらでは、求人量も豊富ですし、色々アドバイスをしてくれます。自分一人で悩むよりもこういったサービスを有効活用する事で転職の成功へと近づくと思います。