転職の幅を広げるためのポイント

 今まで働いていた会社からの転職を決めた時、次にどんな仕事ができるかの不安があるかと思います。特に、今までやっていた仕事の期間が長ければ長いほど自身のスキルは専門的なものになっていることでしょう。自ずと、今までの仕事の延長線で同じような転職先を探してしまうのではないでしょうか。

 

 他にできることがないから。

 

 スキルが足りないから。

 

 そんな事情で転職の幅が狭まることもあるでしょう。そんな時には、すぐに次の職場を探すのではなく、一息置いて職業訓練を受けてみるのはどうでしょうか?

 

訓練校を勧めるその理由

 訓練校にはさまざまなジャンルがあります。パソコンの技能を学ぶものや、介護の資格を取れるもの。店舗での販売員を目指す販売員技能の講座もあります。つまり、今まで自分が携わってこなかったジャンルの知識、技能を修得することが可能になるのです。

 

 また、受講生の就職を強力にサポートしてくれます。訓練校は民間の教室が講習を請け負っていることが多く、受講生の就職率イコール訓練校の実績となりますので、とにかく生徒の就職率を高める努力をしてくれます。

 

 スキルも付いて、次の就職もサポートしてくれるのですから、かなりメリットは高いのではないでしょうか。

 

失業保険の受給も魅力

 通常、自己都合で退職した場合には、待機期間を経てからしか失業保険を受給できません。

 

 しかし、訓練校に通うのであれば、待機期間が関係なくすぐに受給することができるのです。さらに、雇用保険の被保険者期間が半年から1年未満の人は3ヶ月しか給付がありませんが、訓練校に通っている間はずっと給付されます。訓練校を上手に利用して、転職活動を行ってみましょう。